コミュニケーション

トレンドウォッチ5ユニファイドコミュニケーションの基本

統合コミュニケーション  アプリを 1 つのベンダーに一 本化することを計画している大企業は 40% 以上 にも上ります。

Published By - knowledgeNile

統合 コミュニケーション  アプリを 1 つのベンダーに一 本化することを計画している大企業は 40% 以上 にも上ります。

最近まで企業は、必要なコミュニケーション ツールや コラボレーション ツールをそろえるために、複数のプラ ットフォームを管理しなければなりませんでした。しか し、社員がさまざまなツールを使えるようになっても、 そのツールどうしがうまく連携しなければ、コミュニケ ーションを効率化することはできません。

この問題に気づいた IT 意思決定者は、社員が適 切なタイミングと方法で連携できる真の統合コミュ ニケーション ソリューションを導入することに目を向け 始めています。通話、IM、会議などの機能を 1 つ の環境にまとめ、社員が好きなプラットフォームから 使用できるようにすれば、多様な働き方やコミュニ ケーションに対応することができます。さらに IT 部門 には、ID、セキュリティ、データを 1 か所で管理でき るというメリットもあります。

今日のデータ主導のビジネス社会ではデジタル変革 が急速に進み、コラボレーションがますます重視され ていますが、コラボレーションがうまくいくかどうかは、自 分の意思を相手にうまく伝えられるかどうか、つまりコ ミュニケーションの質にかかっています。

企業がコミュニケーションを強化するには、個人が 必要な情報を簡単に入手できるようにし、チーム がスムーズに生産的に意思疎通できるようにする ことが重要です。そこでカギとなるのがテクノロジで す。その理由は次のとおりです。

  • 社外で業務を行う社員が増えた。
  • チーム メンバーが地理的に離れた場所にいる。
  • 社員がさまざまな種類のデバイスを使ってやり 取りしている。
  • 今日の働き方はますます多様化している。

これらの課題を解決するには、社員の業務に求め られるさまざまな形のコミュニケーションを 1 つの場 所から行えるように、企業が所有する他のコラボ レーション用アプリやビジネス ワークフローのすべてを 統合する必要があります。