チーム編成

フォーブスはチームの革命を報告する

私たちはかつて一人で仕事をしていました。しかし、今日のように加速度的に変化する実社会では、チーム形成が不可欠 です。つまり、継続的に、リアルタイムで、常に物事を広い視野でとらえる必要 があります

Published By - knowledgeNile

私たちはかつて一人で仕事をしチーム編成。しかし、今日のように加速度的に変化する実社会では、チーム形成が不可欠 です。つまり、継続的に、リアルタイムで、常に物事を広い視野でとらえる必要 があります。たとえば、医療や輸送などの業界では、より良い成果を達成する ためにチーム形成が不可欠であり、組織にとってその重要性は以前よりも高まっ ています。マイクロソフトが独自に実施した調査によると、社員で形成したチーム 数は、わずか5年で2倍も増加しています。

今日、企業は、顧客、パートナー、サプライヤー、投資家のニーズに応えて、広範 囲の部門にわたって継続的な改善を追求する必要があります。これほどの規 模のチーム形成では、革新に向けた意欲以上のもの、つまり各種の実現技術 が必要となります。

効果的なチーム形成につながる特性は著しく進化しており、これに対処するた めに、現代の企業には、次のような能力が必要です。

チームを迅速に形成する

企業が競合他社よりも突出した存在になる機会は、思いがけないときに突然にくる傾向があり、 その期間はほんの一瞬で、最初に行動を起こした企業に最大の価値がもたらされます。今日の企 業には、このような機会をすばやくとらえて、その目的に適したチームを形成することが求められてい ます。

時間と場所を超える

顔を合わせての打ち合わせもいいかもしれませんが、今はもう、成功に向けて欠かせない手段では ありません。チームの中心的な目標は、メンバーの居場所に関係なく、適切なスキルや能力を結集 することです。優れた実績を上げているチームは、通信技術やその他の関連テクノロジーを利用し て、時差や地理的な距離の調整を図っています。今や、チーム作業に場所や時間の壁はありませ ん。多くの場合、チーム メンバーは、”9 時から 5 時” の就業時間中ではなく、自分のスケジュールに 合わせて最も都合のよい時間帯に仕事をします。タスクが特化されたチームのメンバーの場合、その 多くが、継続的に求められる “1 日の仕事量” 以上の貢献をすることを考えると、これは重要な特 性です。

一時的なチームと継続的なチームの両方を管理する

一部のチームはプロジェクトによって必要に応じて形成され、比較的短期間で目的を達成した後、 解散されます。このようなチーム以外は、最初からいくつもの作業に従事し、短期目標を達成した 後も、緊急度は低くなるものの長期にわたって (おそらく、監視や更新の主体としてのみ) 共同作 業を続けます。

企業重視の目標を追求する

最も革新的または破壊的な機会は、その性質上、複数の部門にまたがる傾向があります。マーケ ティング部門は、低価格、高品質、優れた顧客サービスを望みますが、これは、研究開発、生産、 流通、財務などの部門で発生するコストとの間で調整が必要です。目標は顧客を喜ばせることで あっても、関連し合う要素全体のより最適なバランスがチーム作業によって実現されます。

このレポートをダウンロードして、Essential Insightsのツールとコラボレーションの新しい分野の戦術について学んでください。