従業員の関与

従業員のエンゲージと生産性を維持する5つの方法

社員の意欲、満足度、生産性を維持し、最高の成 果を発揮できるようにするには、彼らに目的に合ったテクノロジを提供することが重要です。今日では、ほとんどの社員がコンシューマー向けテクノロジを使い慣れています。

Published By - knowledgeNile

企業は、 従業員の関与 そこで働く社員たちの力があってこそ競争力を 最大化できます。あなたの組織では、働き手の本来 の力を引き出すための正しい選択をしていますか? ま た、彼らの意欲を刺激し続けることはできていますか?

自分の働く環境に高い意欲と満足感を持っている人 は、世界でわずか 13% に過ぎません。しかし、満足している人の 88% には、仕事をする場所や時間を自ら 決める自由が与えられています。つまり、仕事に満足している人とは、必要に応じて個人の業務に集中できる環境が与えられ、チームとも簡単に連携でき、自分 が望む働き方を選ぶことが許されている人なのです。

社員の意欲、満足度、生産性を維持し、最高の成 果を発揮できるようにするには、彼らに目的に合ったテクノロジを提供することが重要です。今日では、ほとんどの社員がコンシューマー向けテクノロジを使い慣れています。使っているテクノロジに問題があれば、別のアプリをダウンロードすれば済みます。しかし職場ではそうはいかず、職場の全員が同じツールセットを使用する必要があり、シームレスかつ簡単にコミュニケーションを

取ったり共同で作業を行ったりできなければなりません。また、こうしたツールセットを最大限に活用できる専用のデバイスも必要です。そうした環境を準備できなければ、ファイルが同期されない、ファイルにアクセスできない、データが連携されない、アプリが正しく動作しない、といったさまざまな問題に直面することになり、社員の不満につながるだけでなく、協力して作業したり、意見やアイデアを出し合ったり、質の高い仕事をすることも難しくなります。

16 種類の一般的なコラボレーション ツールの効果について調べた最新の調査では、ほとんどの回答者が、仕事の効率向上に役立つものとして、メールとインスタント メッセージの 2 つを挙げました。

多くの社員が自分でテクノロジを選ぼうとする理由もここにあるのかもしれません。少なくとも 4 人に 1 人がモバイル アプリやクラウド アプリを自分で選択しています。しかし、社員が勝手に組織で利用許可されていないツールを使うことになれば、企業データを完全に保 護することはほぼ不可能になっります。

この eBook では、社員が日々使うテクノロジに関連するこうした問題に企業がどのように対処すべきか、また、データや情報の安全の確保しながら社員の能力を引き出すために必要なツールをどのように提供すべきかという点 について詳しく見ていきます。