生産性

5世代の従業員を使用して職場全体の生産性を向上させる方法

この世代は、公共心と忠誠心に富む会社型人間で、1 社で可能な限り長く働き続けようとする傾向があります。

Published By - knowledgeNile

さまざまな世代、異なるニーズ生産性

今日の職場は、生産性 かつてないほど多様な年齢層で構成されています。複数の世代が共存しているため、各世代に共通するワークスタイルやニーズにどのような違いがあるかを考慮することが重要です。社員たちは世代ごとに異なる経験や好みを共有しており、これは特にテクノロジにおいて顕著です。この eBook では、現在の職場を構成している各世代について説明し、それぞれの世代を支援する際に参考となる、調査結果に基づいた洞察も提供します。これを読めば、個人の生産性を最大化できるツールをあらゆる世代の社員 1 人ひとりに提供し、チームの共同作業を今まで以上に効率化できるようになるでしょう

主な傾向

2017 年の第 2 四半期、企業に占める 70 ~ 74 歳の現役 社員の割合は、10 人に 1 人 (1994 年) から約 5 人に 1人に増加しました。1

職場に対するニーズ

この世代は、公共心と忠誠心に富む会社型人間で、1 社で可能な限り長く働き続けようとする傾向があります。

テクノロジに関するヒント

伝統主義者世代は、テクノロジに対する恐怖心は持っていませんが、デスクトップ コンピューター、固定電話、ファックスをより重視する傾向があり、しっかりしたな音声機能と従来型のデスクトップ アプリケーションを必要とします。

多様な世代が混在する環境では、各世代の幅広いニーズに対応でき、1 人ひとりが選択する接続形態にすべて対応し、チームをつなげてくれるコラボレーションと生産性ツールを選択することが重要です。

独立性を強く求める人は、デバイスや場所が変化してもエクスペリエンスがシームレスに維持される環境に価値を見出す傾向があり、自分の好みに合った対話方法を重視する人は、音声機能やビデオ機能を大切にする可能性があります。

職場のテクノロジを重視し、その度合いが高まっているという傾向はどの世代にも共通しているため、適切なテクノロジを選択することが今まで以上に重要な課題となっています。

幸いなことに、あらゆる世代が求めるコミュニケーションとコラボレーションに対応し、どの世代にも高い生産性を提供できる、使いやすい統合ソリューションが存在します。それが Microsoft 365 です。